ビタミンC誘導体しわ

ビタミンC誘導体しわに効果があるスキンケアおすすめ

しわが増えた、乾燥が気になる、ハリが低下した、こんな肌トラブルがありませんか。これらの悩みを解決する成分がビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを改良した成分です。ビタミンCには美白やコラーゲンの生成などの働きがありますが、そのまま化粧品に配合しても安定せず、浸透も悪いです。そんなビタミンCを改良し、安定させて浸透力を高めた成分がビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体には3つの種類があり、水溶性、油溶性、水溶性と油溶性の性質をもつものがあります。特に浸透力が高く美肌への効果が期待できる成分がAPPSです。

 

APPSを配合した化粧品がサイクルプラスです。高浸透のビタミンC誘導体がしわやハリの低下などに働きかけます。

 

APPSには従来のビタミンC誘導体の100倍の浸透力があり、肌の奥にまで届きます。肌の奥に届いたAPPSは、キメを整る、メラニンに働きかけて透明感アップ、ハリアップ、毛穴の引き締めなどの働きを発揮します。コラーゲンの生成を促す働きがあるため、しわにも効果的です。

 

サイクルプラスは2剤式です。使い始める前にAPPSのパウダーをローションに入れます。2剤式にすることでAPPSをよい状態で使用できます。

 

サイクルプラスには、ほかにもこだわりの成分を配合しています。注目されているFGFやEGFも配合されています。

 

FGFやEGFはターンオーバーを整えてハリを回復させたり、潤いのある肌に導く成分です。EGFには50歳以上の方でも新生細胞の成長が改善されたと報告されています。

 

潤いを与える成分が5種類のヒアルロン酸と6種類の美容保湿成分です。複数のヒアルロン酸を配合することで、肌の内側と外側を潤いで満たします。6種類の美容保湿成分は気になるエイジングサインに働きかけます。

 

キメが整った、毛穴が気にならない、肌が明るくなった、柔らかくなったなど、使用者から喜びの声をもらっています。クレンジング、ローション、エッセンスなどありますが、ラインでそろえるとより働きが期待できます。

 



 

レチノール配合化粧品人気おすすめランキング最新版はここから